韓国美女たちがこぞって使って話題になったジッケピンが、今日本でも大注目。
挟むだけの簡単アレンジなのに、イマドキの抜け感のあるヘアスタイルが作れちゃいます。
今回はそんなジッケピンのアレンジと、可愛いアイテムをまとめてみました。

ジッケピンとは?

韓国語で挟むものという意味で、日本で言うヘアクリップを指します。
バンスクリップと言う名前でもお馴染みのものです。

もともと日本でも人気だったヘアクリップですが、今年はさらに洗練されたフォルムで、シンプルかつ独創的な形に大注目。

ヘアアレンジをあまりしない韓国女子の間で流行っていることもあって、使い勝手の良さもポイントです。
鞄やオフィスに用意しておけば、いつでもおしゃれに髪をまとめることができますよ。
また、ヘアゴムよりも髪に摩擦を与えないので、ダメージが気になる髪にもおすすめです。

挟むだけで一気におしゃれに!

ジッケピンの魅力は、何と言ってもシンプルなまとめ髪が一気にイマドキアレンジになること。
ただまとめて留めるだけだから、アレンジが苦手な方にこそおすすめなんです。

スタンダードなアップスタイルとしては、毛先が出ないように後ろでまとめて、ジッケピンで留めること。
今年は大きめのアイテムを使って、ざっくりまとめるのがトレンドです。

編み込みをまとめると、上品な印象に。
ちょっとしたパーティーシーンにもおすすめです。

ポニーテールの上にアクセントとしてつけるのもおしゃれ。
ヘアゴムが見えないようにするのがポイントです。

ハーフアップもねじってざっくり留めるだけでこなれヘアに。
大きめサイズのジッケピンがシンプルヘアのポイントになります。

ボブやミディアムのハーフアップにもおすすめです。
しっかりホールドしてくれるので、崩れにくいのも嬉しいですね。

タイプ別ジッケピンの選び方

1、シーンを選ばない「シンプルデザイン」

無地のシンプルなアイテムは、オンでもオフでも使えるので1本は持っておきたいですね。
特に、トレンドのクリア素材は程よい存在感で使い勝手抜群です。

クリア×キラキラ素材は、夏にピッタリで今すぐほしいアイテム。
光に当たると表情を変えてくれるのもポイントです。

大人っぽいマット素材も見逃せません。
年齢や髪色を選ばないべっ甲柄は万能ですし、落ち着いたカラーでこれからの季節におすすめ。

シンプルデザインながら、中抜きになっているおしゃれアイテム。
ダークカラーでも重い印象になりにくいのが嬉しいですね。

周りと差をつけたい方は、波打ったフォルムのこちらがおすすめ。
カラーが落ち着いているので、シーンを選ばず使えそう。

2、マルチに使える「メタル素材」

どんなコーデにも合わせやすいメタル素材は、季節問わず使いやすいアイテム。
シルバーやゴールドのアクセサリーとの相性も抜群です。

くり抜き×メタル素材は軽やかで使いやすいですね。
動きのあるデザインがニュアンス感を出してくれます。

ブラウンカラーのメタルは、アンティーク調でおしゃれ。
レトロコーデと合わせて雰囲気を出したいですね。

日本人の肌に合いやすいピンクゴールドなら、可愛くて上品な印象に。
メタル系は髪色に左右されにくいのでどんな人でも使いやすそうです。


3、特別な日に使いたい「パール・ビジューデザイン」

細かいパールが敷き詰められたデザイは、結婚式などのパーティーシーンにもおすすめ。土台がシルバーなので、きちんと感がありますね。

キラキラのビジューアイテムは、黒髪などの暗髪も華やかにしてくれます。
アレンジが苦手な方でも一気に目を引くヘアスタイルに。

大粒パール×ゴールドは、存在感抜群です。
ドレスアップ時にはもちろん、ゴールドはカジュアルコーデにも合わせやすいので普段使いもしやすいアイテム。

4、今っぽい!「モチーフデザイン」

韓国でも人気のクマさんモチーフは、なんとスリーコインズで手に入っちゃいます。
マット素材×くすみカラーで幼くなりすぎないのもポイントです。

アクセントとして、大きめの花柄アイテムはどうでしょう。
かリゾートコーデや浴衣コーデにもおすすめです。

モチーフに抵抗がある方でも、メタル素材なら取り入れやすそう。可愛らしいデザインながら重厚感があるので大人のスタイリングに。

今大注目のアイテム「ジッケピン」についてご紹介しました。まとめ髪を簡単にグレードアップさせてくれるので、不器用さんでも後ろ姿美人になれそう。

さまざまカラー、素材のアイテムが出ているので、ぜひ自分に合ったものを探してみてくださいね。