モデル、ポージング講師、中居よさです。

SNS社会の今、スマホでプロ顔負けのセルフィーを撮る方がいる一方で、「写真は苦手」「写真写りが悪くて」と悩んでいる方もたくさんいます。

そういった方に、「ほんの少しのコツで劇的に写真写りが良くなる方法」をお教えするのが私の仕事ですが、写真写りのコツを覚えた生徒さんが次に悩むことが多いのが、「一緒に写真を撮りたい人が写真が苦手」ということ。

大好きな人との写真が欲しくても、彼は写真が苦手。
なんとかお願いして撮っても、ツーショットは微妙な表情の彼と、満面の笑みの自分。
なんだか切ない。

わかります、その気持ち。
私の夫もまさに、「写真は苦手」「自撮りなんかしたことがない」タイプでした。
旅行や記念日に二人で写真を撮ってみても、なんだか写らせてしまった感のある写真ばかり。
・・・切ない。

そこで、自撮り写真を二人で楽しむ撮影について徹底研究!
実践を繰り返したところ、自然と写真を撮る事が増え、いまでは年末に「今年の家族写真」のフォトブックを作るようになりました。
これは私たちが特別だったわけではありません。

「二人でニコニコ正面写真だけがカップル写真じゃない」

このことを知って頂ければ、写真が苦手な方も、パートナーが写真が苦手という方も、二人で撮る自撮り撮影はとても楽しく、そしてきっと素敵な写真が必ず撮れるようになります。

自撮りは楽しい!二人だから撮れる特別な写真を撮る方法

ご紹介するテクニックは本当に簡単なものばかり。
それでいてカップルの思い出になる写真です。
それでは、一番簡単で工夫も出来る「ふたりの写真を撮るコツ」を2つをご案内したいと思います。

1. 世界でふたりだけの手元

「ブライダルフォト」「ウエディングフォト」と検索すると、実は「真正面から撮ったニコニコのふたり」よりも、見つめ合う横顔や、並んで立つ後ろ姿が多いことに気がつかされます

そして目を惹くのが「指輪交換」の手元の写真。
そこには世界でふたりだけの手元があります。


自分の手というのは、鏡を使わずに見ることが出来る第二の顔のような存在。
「目は口ほどにものを語る」いいますが、実は「手は口以上にものを語って」いるのです。
手元だけで、二人だけの世界が表現されるのも当然のこと。

2. 手元は、気軽に撮れる絶好の被写体

カメラを構えれば、適度に距離も取れ、撮影に集中できてしまうのが手元。
それでいて手元は第二の顔と言われることもある、その人らしさを表すパーツです。
この第二の顔でのカップルフォトはいいですよぉ。

お出かけ先ならば背景を生かして。
今の季節でしたらイルミネーション前で撮るのも素敵ですよね!


カップル写真は、記念日や旅行先など、特別なときに撮るといったきまりはありません。
愛しい日常こそ残しておきたいもの。
家の中のお気に入りの場所で撮ってみれば、それは「ふたり」にしか撮れない特別な写真。
雨の日のお家デートを、お家写真日和として楽しんでみるのはいかがでしょうか?。


どんなふたりの手元の表情を作るかは、まさに共同作業。
やってみると、あらゆる表情が出てくるのが手元。
ぎこちない感じが、熟年夫婦でも初々しい付き合い立てカップルのように写ったり。
そんな自分たちの手元に思わず笑ってしまう、一押しの愛を確かめ合うかのような「カップル写真」です。

風をもとめ試行錯誤、作品撮りを体験してみる

「王子様が迎えに来たって感じの雰囲気で」
「美女と野獣みたいに姫と、無骨な男風がいいな」
なんて手元の表情作りを一緒に試行錯誤してみるのもいいですね。
これは間違いなく、自分の表現に挑戦したい作品作りですし
愛する人のために何かを作る行為でもあるし。
「芸術です」

そう、芸術って難しく考えることなくて、こうやって、愛を込めて(そこにお金が絡んで)進化してきたものなんです。
芸術デビューふたりでしちゃいませんか?


それからこんなカップル写真も撮り忘れなく!

手元だけでなく足も衣装や背景にめぐまれた撮影パーツ


さて、実は手元だけでなく「足元」も素敵な被写体です。

「いま、この人と、同じ場所に立っているって奇跡みたい」
純情恋愛漫画のような表現ですが、歳を重ねるほどに、別れや見送りを経験も増え、大好きな人と同じ場所に立っていることのありがたさが見えてくるんです。
(おばちゃん涙腺緩くなってるので、思わず泣いちゃうくらいに。二人でいられるって本当にスゴイことだから)
大好きな人と同じ時間、同じ場所にふたりでいた記録は愛しいもの。

ふたりの足元をぜひ写真で残してみてください。

1.足元のコラボを楽しみ撮ってみる


おそろいのブランドの靴でコラボを楽しむのもおすすめです。
このときは、夫婦で愛用しているSPINGLE MOVE( スピングルムーブ)を履きました。
ブランドや、色、形などを合わせるなどコラボ方法は無数ですので、いろいろ試してみてください。

大地はその季節限定の素晴らしい背景

足元を中心に映すからこそたのしめる、その季節ごとの大地。
「いつ、どんな場所に二人で立っていたのか。」
それを記録した写真は一人では無く、二人で生きてきた記録になります。

大切人と過ごした日々の記録写真=真のカップルフォト。

インスタ映えの「映え」でまやかされてるけど、大切な人と過ごした日々の記録写真は
他人にいいねがもらえなかろうが、ふたりにとっては「映え」なんです。
忘れたくない幸せな時間を、フレームに保存したのですから。

いかがでしたでしょうか?
「ふたりでニコニコ正面写真」だけがカップルフォトではないのです。

今回は一押しのすぐに始められて、二人だけの世界の写真が撮れてしまう「カップルフォトの美撮り方」簡単で工夫もできる2つをご紹介しました。

年月が経ったとき、記録として残った写真は本当に愛しい物です。
じゃあ、いつ撮るの!?今撮るの!

幸せな未来への投資として、ぜひ今日からカップルフォトをぜひ!