今年注目のアイテムのひとつと言えば、通常よりも短めな「クロップド丈」のトップス。
ハイブランドだけでなく、GUやしまむらなどのプチプラブランドからも今年は多くのアイテムが出ているので、挑戦しやすいのも魅力です。

ですが、大人女子はお腹が見えそうな丈に抵抗がある方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、大人が真似したいクロップド丈アイテムの着こなしをまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

ショート丈トップス×ハイウエストボトム

デニムとTシャツの夏の定番コーデでも、クロップドTシャツだとトレンド感がありますね。
ハイウエストデニムとの相性は間違いないので、ぜひ挑戦したい組み合わせ。
露出を抑えながらも、ウエストの位置を高くみせることができるので、脚長効果が狙えます。
重心が上になる分、ペタンコサンダルでもスタイルアップできるのもポイント。

ダボっとしたパンツとも相性抜群です。
上半身をコンパクトにすることでメリハリが出て、細見えも期待できますね。
ダボッとしたパンツに苦手意識のある方や、下半身のボリュームが気になる方にもおすすめです。

Tシャツの丈とボトムスのハイウエスト具合がちょうどよく、肌見せがないのもポイント。
どのような着こなしをしたいかによって、自分に合った丈は変わってきます。

シアーシャツを羽織ることで、ヘルシーな肌見せがおしゃれなこちらのコーデ。
強めなイメージになりがちなお腹のチラ見せも、白×ベージュのカラーコーデにより上品で大人な印象になりますね。
シアーシャツをお尻まで来るロングにすることで、全体のバランスを取っています。

ショート丈トップス×スカート

カジュアルなイメージの強いクロップド丈ですが、アイテムを選べばきちんと感も出せます。
上半身をコンパクトにし、プリーツスカートのボリュームでメリハリのあるスタイルに。
スカートのAラインが協調されることで、レディライクなイメージになりますね。


こちらは軽やかなミモレ丈スカートですが、もっと重めなスカートや、くるぶしまでのロング丈とも相性がいいですよ。

Iラインスカートにハリのあるトップスを合わせることで、さらに縦のラインを強調したコーデです。
ウエストマークをしなくても、クロップド丈はメリハリが出せるので、お腹周りが気になる方にもおすすめ。
また、体のラインを拾わないハリのあるノースリーブは上品で、夏の大人コーデの必需品です。

こちらはクロップド丈のベストとワンピースのレイヤードコーデ。
ベストが胸下の切り替えを強調する役割をしてくれることでスタイルアップできます。
クロップド丈ベストは他にもシャツやTシャツなどとも合わせやすく、1枚あれば着こなしの幅が広がりそう。

ショート丈アウター

クロップド丈のアウターは、ロングスカートとの相性抜群。
黒のロングスカートは春夏には重めな印象になりがちですが、アウターをショート丈にすることでバランスよく着こなせます。
こちらのカーディガンは前を閉めて、トップスとしても活躍してくれそうです。

特に夏の羽織としてちょうどよいシャツは、クロップド丈を1枚持っていると便利。
上品なベージュのワントーンコーデです。
意外と悩みがちなロングワンピースの羽織ですが、クロップド丈ならどんなアイテムにも合わせやすいですよ。

こちらは前後2WAYのレースシャツをトップスとして取り入れています。
透け感のあるレースシャツは、真夏の羽織としても使えて便利です。
ボリューム感のある黒パンツも、夏らしく着こなせますね。

トップスだけじゃない!ボトムスもショート丈に注目

膝下丈が定番になっている大人女子のパンツも、今年のボトムスは膝が見えるくらいのハーフパンツに注目です。
きちんと感のあるセットアップなら、大人でも取り入れやすいですね。

リネン素材のラフなアイテムですが、足元には華奢なサンダルを合わせることでカジュアルになりすぎません。

再ブームが来ているミニスカートも、短すぎないギリギリ膝上丈なら大人上品な着こなしに。
グレー系のTシャツと合わせて涼し気なワントーンコーデです。
タイトめだけどラップ風デザインだからかしこまりすぎないのもポイント。

この春夏大注目のショート丈アイテムをご紹介しました。
トップスが短くなることで、簡単にスタイルアップできちゃいます。羽織としてもバランスがとりやすくて優秀なアイテムです。
トップスだけでなくスカートやパンツも今年はショート丈に注目してみてくださいね。