腸育コンシェルジュのshihoです。
美人づくりに欠かせない、きれいな腸内環境。
健やかな腸内環境を整えることで、健康維持にはもちろん、美肌・美髪・若返りなど、さまざまな美容効果が現れます。

腸内環境を整えるための美人フードとして、代表的な食べ物のひとつが「ヨーグルト」。「ヨーグルト=腸に良さそう」というイメージを持っている方も多いはず。
ですが、ヨーグルトはダイエットに効果があるのかと言われると、いまいち効果がわからないという方もいるのではないでしょうか?


ヨーグルトはダイエットや美容健康のために効果的な食べ物と言われていますが、効果を得るためには、食べ方のポイントを押さえる必要があります。
体の中からきれいに導くための、ヨーグルトの食べ方や効果を、詳しくチェックしてみましょう。

美人フード「ヨーグルト」で痩せ体質へ

ヨーグルトには、善玉菌の栄養となる、ビフィズス菌や乳酸菌が豊富に含まれているため、便秘がちな腸内も下痢気味な腸内も、正常な状態へと導く効果があります。
善玉菌が増え悪玉菌が減少することにより、腸内に毒素がたまりにくくなり、代謝の良い痩せ体質体質へとつながります。

体へのうれしい効能をもつヨーグルトですが、「いまいち効果を感じられない」、「腸内が改善されている実感がない」という方は、食べ方を見直す必要があるかもしれません。
実は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸に届く前に死滅してしまっている場合が多いのです。

最近では、ヨーグルトの宣伝に「生きて腸まで届く乳酸菌」のようなキャッチコピーを見かけることも多いかと思いますが、「腸まで生きたまま届ける」ということがとても重要。
もちろん死滅してしまったからといって効果がゼロになるわけではありませんが、より腸内環境の改善によるダイエット効果を発揮するためには、腸まで届けるための工夫が必要となります。

美人フード「ヨーグルト」の効果的な食べ方は?

より効果的な腸活を行うためには、ヨーグルトは食物繊維と一緒に摂取するのがポイントです。
食物繊維と合わせて摂取することで、善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きをより効果的に得ることができます。

全粒小麦・小麦ブラン・もち麦・大麦などが、食物繊維が豊富な穀物類の食材です。
手軽に取り入れるなら、ヨーグルトとオートミールを混ぜて食べるのがおすすめですよ。
ダイエット目的の方は、ヨーグルトの種類にも注意し、低脂肪や無脂肪のものを選ぶようにしましょう。

ヨーグルトに混ぜるだけで簡単おいしいオートミール

オーツ麦100%のオートミール「日食 プレミアムピュアオートミール 300g」。
日本人に合わせて加工されているため、食べやすい固さでクセがなく、さまざまな料理に使うことができます。
ヨーグルトと混ぜるだけでも、簡単に美味しく味わうことができますよ。
食物繊維が豊富なだけでなく、良質な自然のタンパク質・ビタミンB1・鉄分も同時に摂取することができます。

美人フード「ヨーグルト」は夜がおすすめ

ヨーグルトを食べる習慣がある方も、朝ごはんに取り入れているという方が多いのではないでしょうか?
もちろん、朝食やお昼ご飯にヨーグルトを食べることは問題ありませんが、ヨーグルトを食べるベストなタイミングとされているのは、実は夜なんです。

腸内では、寝ている間に消化活動をしています。
そのため、乳酸菌を豊富に含んだヨーグルトは夕食のあとに取り入れるのがおすすめ。
夜ご飯のタイミングで、食物繊維と合わせて乳酸菌を摂取し、寝ている間にしっかりと吸収させましょう。

また、夜ごはんでしっかりと食物繊維の入ったメニューを意識すれば、食後のヨーグルトはそのまま単品で食べても大丈夫ですよ。
こんにゃくやゴボウなどの根菜類の副菜を取り入れたり、わかめのお味噌汁をプラスするなどして工夫してみましょう。

腸内環境を整えるための美人フード「ヨーグルト」。
手軽に取り入れることができ、腸活に良いイメージが定着していることから、日頃から食べる習慣がある方も多いはず。
ですが、「毎日食べているのにあまり効果を実感しない」という方は、食べ方を見直すべきかもしれません。
ヨーグルトの効果を最大限に得るためには、「食物繊維と一緒に夜食べる」ことがポイントです。簡単に実践できるので、ぜひ今日から試してみましょう。