夏の終わりになると、なんとなく肌や髪のパサつきや不調を感じませんか。
それは、紫外線や汗などによるダメージが蓄積しているのかもしれません。
今回は、今からやりたい肌と髪のケアをまとめてみました。
おすすめアイテムもご紹介するので、ぜひ参考になると嬉しいです。

肌ケア

①水分を沢山入れる保湿をする

紫外線は肌のバリア機能にダメージを与えると言われており、肌を乾燥させるとされています。
また、そこにさらに汗をかき、皮脂が多めに分泌されることで、インナードライになりやすいのだとか。
肌のために、たっぷりの水分を入れることを意識しましょう。

まずはお肌に合わせた化粧水でしっかり水分を補給します。
パックもお手軽でおすすめです。
その後乳液やクリームでしっかり蓋をしてくださいね。

②角質ケアよりも“擦らない”を徹底する

夏の刺激で弱った肌は刺激しないのが鉄則。
夏の終わりはターンオーバーも乱れがちなので、角質ケアをしたい気持ちがある方も多いかと思いますが、弱っている間は摩擦を加えることでさらなる肌荒れの原因になることも。

洗顔でもできる限り擦らないように泡で洗うのがポイントです。
肌が落ち着いてきた方や、肌が強い方は、優しく角質ケアをしましょう。
おすすめは、皮脂を吸着してくれる働きもあるクレイタイプのものです。

注目なのが、イニスフリーの「ヴォルカニックカーミングポアクレイマスク」。
シカ配合で鎮静効果も期待できます。
ピーリング成分としてAHAが含まれていますが、毎日使えるほどのマイルド処方なので気軽に使えますね。

③インナーケア

冷たいものの取りすぎや、食欲不振などにより、夏の終わりは内臓も弱っています。
夏の終わりに駆け込みとして、夏野菜を沢山食べるといいのだとか。
夏野菜には体にこもった熱や水分を輩出するカリウムが含まれるものが多く、体のクールダウンに持ってこいです。

特に、トマトは食べる紫外線対策としても注目されているので、まだまだ日差しの強い秋の始まりにも積極的に取り入れたいですね。
老化の原因となる酸化を防ぐ効果なども期待できるので、サプリメントや野菜ジュースなどでも取り入れたいアイテムです。

髪ケア

①クレンジング

紫外線のダメージや、冷房による乾燥などから肌だけでなく髪もパサつきがちに。
それらを抑えるためにスタイリング剤を多めに塗っていると、髪や頭皮に汚れが蓄積しているかもしれません。
栄養を入れるには、まずはしっかりクレンジングすること。

オイルタイプやシャンプータイプ、ジェルタイプなどがあるので、お好みのものを探してみるのがおすすめです。


ケラスターゼの「クレイ ディバレント」は、クレンジングと保湿の両方が叶うアイテム。
美容通からの強いおすすめがあったこちらは、メントール配合ですがスーッとしすぎず、洗った後のすっきり感がちょうどいいんです。
頭皮のべたつきも一掃してくれますよ。

また、一度しっかりケアしたいという方は、美容室でヘッドスパメニューなどを受けるのがおすすめ。

一緒にトリートメントも行うとベストです。
しっかりリセットされるので、私も夏の終わりの習慣にしています。

②保湿

紫外線や冷房などのダメージからキューティクルが開くと、乾燥して髪がごわついたり硬くなったりする原因に。
乾燥への対策としては、洗い流すタイプのインバストリートメントが効果的だとされています。

特に乾燥によるパサつきがひどい人はケラチン系のトリートメントがおすすめ。
ケラチンは、髪の主成分であり、保湿性を保っているとされています。

「トリートメントの素」は、人の髪が持つケラチン成分に最も近いと言われる羊毛由来のケラチンが配合されています。
いつも使っているトリートメントに混ぜて使用できる気軽さも魅力です。

また、ヘアオイルをつけると髪の乾燥を防ぐことができるので、日中のヘアセットの際にオイルを使うのもいいですね。
私も美容師さんにおすすめされて、この夏はヘアオイルでセットして乾燥を感じたら塗りなおしをしていたのですが、いつもの夏よりも髪のダメージが少なくまとまりがいい気がします。

夏の終わりから秋にかけての肌・髪ケアについてご紹介しました。

なんとなく調子が悪いな…と思うことを放置しないで、コツコツとケアをできるといいですね。
ぜひ参考にしてみてください。