美容家の岩倉陽子です。
引き締まった体で、気持ち良さそうに波に乗っていくサーファー。
海で見かけることはあっても、自分がチャレンジするのはなかなかハードルが高いと思っている方も多いのではないでしょうか。


実はサーフィンには、体にも心にも嬉しいメリットがたくさんあります。
今回は、「サーフィンの魅力」と「気をつけるポイント」についてまとめてみました。

ボディメイクの鍵となるの全身運動

海の中で行うサーフィンですが、消費カロリーだけでみるとランニングや水泳よりも少なめ。
性別や体格によって差はありますが、例えば体重50kgの女性が約250kcalのカロリーを消費するためには2時間のサーフィンを行う必要があります。
対してランニングであれば45分ほどで250kcalが消費できてしまうのだとか。

ではサーフィンがボディメイクにおすすめの理由はなんなのでしょうか。
その答えはサーフィンをするときに使う「体幹」や「筋肉」です。
不安定な波の上でサーフィンをするためには、サーフボードの上でバランスをとろうとしますよね。
そこで鍛えられるのが「体幹」。
体幹が鍛えられるとお腹周りや腰回りが引き締まり、基礎代謝アップにも効果があります。

また波に乗るときには「パドリング」と呼ばれるクロールのような手の動きをします。
ボードが波に乗ったら一瞬でボードの上に立ち上がり、そのままキープ。
この一連の流れをスムーズに行うためには、肩甲骨周りや背筋、さらにはお尻や足のと全身の筋肉を使う必要があるのです。
そのため背筋やお尻などの大きい筋肉を鍛えられることで、背中周りの引き締めや二の腕のシェイプアップ、ヒップアップの効果が期待できます。

海のパワーで体も心も満たされる

海を相手に行うサーフィンの一番の魅力は、なんといっても「大自然を全身で感じられる」こと。
波に身をゆだね、その日のその瞬間にしかない波の強さや揺らぎを感じることは、言葉では言い表せない「気持ち良さ」です。
海のパワーを感じリラックスして楽しむことで、心にも栄養補給がされるサーフィン。

海外ではメンタルヘルスの一つとして「サーフィンセラピー」も存在します。
海の中で自分と向き合い集中することは、体だけでなく心にもよい影響を与えてくれるのですね。

サーフィン初心者は無理をしない、安全に楽しむルールとは?

たくさんの魅力があるサーフィンですが、自然を相手に行うスポーツであることを忘れてはいけません。
急な天気や波の変化で事故に遭う人がいるのも事実です。
まず初心者サーファーが大事にすることは「無理をしない」こと。
自分が怖いと思うサイズの波には入らない。
何より初めは経験のある人と一緒に行くのがオススメでしょう。

また海のルールについても知っておく必要があります。
サーフィンには「ワンマン・ワンウェーブ」というルールがあり、一つの波に同じ方向で乗れるのは一人までという決まりがあります。
スポーツには様々なルールがあるように、サーフィンでもそれは同じ事。
初心者のうちは浅瀬の小さな波で行うことが多いと思いますが、波に乗っている他の人の邪魔をしないようにしましょう。

一人で始めるのが不安という方は、サーフィンスクールを活用することをおすすめします。
海やサーフィンについて知識豊富な先生がいるので、安心してサーフィンデビューをすることができますよ。

海のパワーを全身で感じることのできるサーフィン。
不安定な波の上で行うことで、普段は使わないような筋肉も鍛えることができます。
「トレーニング」という意識よりも、楽しみながら自然と体が引き締まっていくことも魅力でしょう。
波に乗り自然のエネルギーを感じながら、女性らしい健康的でしなやかなボディラインを目指していきましょう。