美容家の岩倉陽子です。
女性にとって美しいバストは永遠の憧れですよね。
年齢とともに垂れ下がるバストなんて悲しい!
そこで今回は、簡単にできるバストアップ方法をご紹介します。
大胸筋を鍛えて理想のボディラインに近づきましょう!

大胸筋を鍛えてバストアップ 

大胸筋とはバストを支える土台となる筋肉のこと。
なんとバストの約9割は脂肪でできているということを知っていましたか?
本来ならば重力に負けて垂れ下がってしまうもの。
大胸筋を鍛えることで胸が引き上げられ、ハリのある上向きのバストを作ることができるのです。

さらにもう1つ、バストを美しい形に保つためのポイントとなるのが「クーパー靭帯」。コラーゲンで形成されている結合組織で、乳腺や脂肪を吊り上げるようにして支えてくれています。
このクーパー靭帯は、切れたり伸びたりしやすいうえに、一度損傷すると元に戻ることはありません。
そこで大胸筋を鍛えることで、クーパー靭帯も守ることができるのです。

年齢とともに垂れてきやすいバストですが、筋トレによってバストアップは可能。
特に大胸筋の中でも、高い位置にあるトップの部分を意識して鍛えるのがおすすめです。いくつになってもキレイなバストを保つために、積極的にトレーニングをしていきましょう。

大胸筋を鍛えると他にもこんな嬉しい効果が

バストアップやクーパー靭帯を守るために欠かせない大胸筋。
さらに大胸筋を鍛えることで他にも嬉しい効果があります。

・姿勢がよくなる

スマホやパソコンを使うことが多い今の時代は、猫背になる人が増えてきています。
背中が丸まると肩こりなどの原因になり、見た目も悪いですよね。
大胸筋を鍛えることで、姿勢がよくなり猫背の改善にもつながります。
背筋や腹筋も合わせて鍛えるとさらに効果はアップします。

・代謝がよくなる


大胸筋は上半身の中でも特に大きな筋肉。
筋肉を鍛えることで代謝がアップすることは知っている方も多いと思いますが、中でも大きい筋肉から鍛えることで効率よくトレーニングもできます。
代謝が上がればエネルギーを消費しやすい体になるので、自然と太りにくい体に。

女性におすすめ!大胸筋を鍛えるトレーニング

・プッシュアップ

プッシュアップとは腕立て伏せのこと。
男性に比べて筋肉量が少ない女性は、苦手な方も多いかもしれません。
そんな方におすすめなのが、壁を使って行う「ウォールプッシュアップ」。

1.  壁と向かい合わせに立ち、肩の高さで壁に手をつけます。
2. 体の軸を意識しながらゆっくりと腕立て伏せの動きを行えばOK。

体への負荷が少ないため、女性でも簡単に大胸筋を鍛えることができます。
慣れてきたら、床で行う「ノーマルプッシュアップ」にもチャレンジしてみましょう!

・合掌ポーズ

どんな場所でも気軽にできる筋トレ。
やり方は簡単ですが、大胸筋を意識して行えば意外ときついトレーニングです。ゆっくりと呼吸を意識して行うことがポイントですよ。

1.  体の前で手を合わせて、手のひらを押し合います。
2. その状態をキープしたまま上下にゆっくり動かしていきます。

3〜5回の上下運動を1セットとして行い、1日3セットほどするのがおすすめ。
テレビを見ながらでもできるので、隙間時間に行ってみてくださいね。

まとめ 美しいバストは女性にとって憧れですよね。大胸筋を鍛えれば、元々の大きさに関わらず誰でも理想のバストに近づくことができます。
合わせてブラジャーのサイズを見直してみるのもおすすめ。
いくつになっても美しいバストを保つために、コツコツとトレーニングを積み重ねていきましょう!