皆さんこんにちは。BIJIN+公認ライター【ハイスぺ婚活】連載担当のYurinaです。

コロナ禍で人に会えなくなり、積極的に合コンや婚活パーティーなどのいわゆる「出会いのチャンス」が圧倒的に減っている中、「マッチングアプリ」の出会いが注目されています。

特にオススメなのが「東カレデート」

ハイスペック婚活(ハイスペックな男性をターゲットにした婚活)に特化しており、実際私が結婚のゴールまでたどり着いた信頼出来るアプリです。

「東カレデート」というマッチングアプリをご紹介して参りましたが、どんなに良いプロフィールが書け、どんなに良い初デートができても、なかなかお付き合いに結び付くことはま稀ですよね…。

相手からいつの間にかフェードアウトされたり、相手との関係に違和感を覚えてこちらから距離を置いたりとりと、出会いはアプリでも普通の恋愛と変わらないものです。

そこで今回は、「東カレデート」を始めて3カ月でお付き合いを始め、付き合って5ヶ月で入籍した「マッチングアプリ婚」女子である筆者が、マッチングアプリで出会った相手とのデート中にチェックするポイント、見極めるコツ、そして意中の相手と付き合うための極意をお教えします!

出会いからお付き合いまでの期間やデートの回数は?

待ちに待った初デート。
多くの人がドキドキして当日を迎えることでしょう。
以前の記事「初デート編」でもお伝えしましたが、初デートは第一印象がとても大事で、初デートの結果次第では二度と会えない事だってあります。
初デートの時に「緊張しすぎてあまり自分を出せない!」と思う人もいるかもしれませんが、安心してください。
何十人とも会っている人でさえも初デートはやはり毎回緊張するし、むしろ適度な緊張感があったほうが慣れすぎている感がなく、好印象です。
デートの時間を精一杯楽しみ、気の合う人をみつけること、これが一回目のデートのミッションです。

気になるのはお付き合いするまでの期間とデートの回数。
マッチングアプリで出会った方々の情報によると、こんな感じになります。

・大体の方が出会って2か月程度
・回数としては3回くらいのデート

初デートがうまくいけば、そのあと2回、3回とデートが続いていくわけですが、特殊な事情でもない限りは、あまりに期間が長かったり、だらだらと回数続いてしまうと、お互い盛り上がらないことが多いので注意です。

3回のデートで確認するチェックポイントはずばり…これ!


では、あなたがいいなと思っているお相手と「お付き合いがしたい!」と思った時、貴重な数回のデートでどんなことをチェックしたら良いのでしょうか?

初回のデートは「雰囲気・空気感」に注目


まず、初回のデートでは、「雰囲気・空気感」に注目です。
実際に会ったことで初めてわかる、視覚や聴覚以外の五感で感じられることをチェックしましょう。

特に、細かな顔や体のパーツや匂い、また食べ方の癖やしゃべり方など、オンライン上では細かくてあまり見えなかった部分をそれとなく確認するチャンスです。
もしかすると、人によっては初回のデートでちょっとした違和感を覚えるかもしれませんね。

一回目に違和感を覚えた時、私がおすすめしているのは、自分の譲れない点が致命的ではなかった場合に限り、二回目も引き続き会ってみるということです。
数回会っている間にその点が許せるものであれば次に進めますし、どうしても許せない事であるならば、思い切って会わないという選択肢を選ぶ事も出来ます。

また、初回はプロフィールに書いている情報を会話の節々で確認していくことも大事です
会話を重ねると、年齢をごまかしていたり、最悪既婚者だったりが発覚することも。
そして何か嘘をついている場合は、他にも嘘をつかれていることがあるので要注意です!

二回目のデートでは「価値観が合うか」をチェック

一回目のデートでまた会いたいと思えたら、二回目のデートに自分から誘いましょう。
デートの終わりがけに誘うのもいいですし、お礼の連絡をするときに「また会いたい」という素直な気持ちを伝えてもいいでしょう。
二回目のデートとなった場合、次にチェックするところは、「価値観が合うか」というところです。

婚活ですので、今お会いしている方はこの先同じ方向を向いて生きていくお相手ですから、それとなく人生や物事に対する価値観を確認しましょう。

また、初回では聞けなかったようなことも二回目であれば聞けることも多いです。
「前の彼女とはどういう別れ方をしたのか」とか、「家族とはどんな関係か」など、少し踏み込んだ質問が可能な場合も。
ただし、そういったデリケートな内容を聞く場合は、正面からストレートな質問ではなく、それとなく聞き出す、といった方法が無難です。

そして、二回目のデートは、なるべく一回目と違う時間帯で。
夜会ってみて、なんとなく雰囲気がよかった人でも、昼に会ってみたら全然タイプの人じゃなかった…(飲食店の明るさって罪!)なんてこともありますからご注意ください!

三回目は「一緒にいて楽しいか、緊張しすぎないか」に気をつけて

三度目にもなると、いままでのオンラインでの会話やデートの積み重ねで、お互いが共有できる話題も増えてきていますので、「一緒にいて楽しいか、緊張しすぎて、ぎくしゃくしてしまわないか」というところに主眼を置いてチェックしましょう。
そして、いままでのデートで聞きそびれてしまったことなどを、お互いに聞いたり答えたりする時間にできるといいですね。

ちなみに、私は各回のデートが終わると、その日のうちに「自分が話したこと」「相手から聞いたこと」をメモして情報整理をすることを徹底しました。
この作業は、お相手に関する情報を整理できて、しっかりと相手を分析できるので、自分の気持ちの整理にもとても役立ちました。

また、お会いした方の情報をきちんと覚えておき、前回聞いた情報を会話の途中で登場させることで、「私はあなたに興味がある」というサインを相手に送ることができるため、好印象を与えることにも繋げやすくなりました。

付き合う前に相手を見極めよう、この人と付き合って大丈夫?

男女の出会いですから、デートの途中で「この人はなんだか違うかも」という、ちょっとした違和感には敏感になるべきです。
その感覚を研ぎ澄ますことに全力を尽くしながらデートを進めることが大切ですが、運よくデートが数回続き、「この人とお付き合いがしたい」という気持ちが生まれてきた時こそが相手を見極める絶好のタイミング。
自分が大事にしている価値観を、自分自身再度確認して、それとお相手を照らし合わせてみるのです。

・ドタキャンしないか
・約束事に遅刻ばかりしていないか
・会話において聞く姿勢があるか
・自分より相手ファーストの姿勢があるか
・相手の夢を応援し、意思を尊重してくれるか

自分にとって大切なことを、一度書き出してみて、整理しておくことをおすすめします。
そして、それらの自分が大事にしているポイントがクリアになれば前向きに進みましょう。

注意したいのはここまでの過程は手早く数回で済ませること。
なぜならば、人間というのは、「サンクコスト=かけた時間やコストが多ければ多いほど愛着が沸き手放しがたくなる。」という心理がつきまとうので、時間やコストをかけてしまうと、自分の価値観に合っていなくても無理して手に入れようとしてしまうことが多々あるのです。

自分にピッタリの相手と戦略的に結ばれるためには、ぜひ早めに見極めて、「違う」と判断した場合は、さっと次に進む勇気を持てるといいですね。

待つだけが得策じゃない、「導き力」で幸せを手に入れる!

三回以上デートしてお相手から告白がなかった場合、自分からアクションを起こすことも一つの方法です。
ただ、個人差もありますので、彼がまだ明らかにそのモードになってない場合は早すぎますので、もう数回待ってみてもいいですね。
中にはとても奥手で、なかなか想いを伝えることができない男性もいます。
その場合は、女性側からリードすることがとにかく重要です。
ぐいぐい押し切ることばかりが良いとは言えませんが、「私達、今後どうする?」や、「●●君のこととてもいいと思っているけど、●●君は私のことどう思ってる?」といった言葉などで聞いてみましょう。

ちなみに、「マッチングアプリで出会った男性と告白前にお泊りはあり?」という質問をよく受けますが、そのような男性は大半が体目的な人ですので十分注意してください。

また、三回のデートくらいじゃお付き合いするべきか決められない!と悩むあなたにおすすめなのは、「トライアル交際」です。
一ヶ月だけトライアルで付き合ってみて、一ヶ月後にその先どうするかをお互いにジャッジをする方法です。
そうすればずるずると関係を引きずることもないので、結婚したいと本気で思っている方にこそ試していただきたい方法です。


デートを何回か重ねて、晴れてお付き合いとなるまでに、時間のかかる人もいれば、その日の衝撃が走り、直感で付き合うことになった人もいます。

また、条件的なものが揃っていても、最後は「好き」という気持ちがあるかどうか、損得勘定になっていないか、この人と生きていけるかということをぜひご自身に問いかけてみてください。

皆さんが、自分にピッタリな素敵な人と結ばれることを祈っています!