美容家の岩倉陽子です。
女性の悩みのひとつに「冷え」が挙げられますよね。
特にオフィスなどの場所では冷房が効きすぎていることも多いと思います。
そんな冷え対策には「3つの首」を温めることが効果的。
今回は、オフィスや電車などでも簡単にできる冷え対策をご紹介します。
冷えに効果のある「ツボ」も合わせて覚えておくといいですよ!

大切なのは3つの首、これらを温める効果とは

冷え対策で大事になる3つの首。

・首
・手首
・足首

これら首まわりの皮膚の下には太い動脈が通っているため、ここが冷やされると全身に冷たい血液が循環してしまいます。
また首まわりの皮膚は薄いので、冷房などで冷えた部屋に長時間いるとすぐに影響を受けてしまうのだとか。


夏場は特に半袖やノースリーブを着たり、サンダルを履いたりする機会が多くなりますよね。
自分では気づかないうちに大事な首を冷やしてしまうのは、体のためにも避けたいところ。
首まわりをしっかりと温めてあげると、全身の血の流れがよくなり体が温まってきます。冷え対策はもちろん、むくみ対策や肩こり対策への嬉しい効果も。
また温めてあげると同時に、動かしてあげることを意識するのもおすすめです。

まずは大元「首」をしっかり温めよう

3つの中でも特に太い動脈が通っているのが「首」です。
首が冷えると肩こりや頭痛の原因となったり、体が重く感じたりと全身の不調へつながることも。
特に女性は首元の開いた服を着ることも多いと思います。
羽織ものなどで上手く覆っても冷えてくるのが首元。

そんなときにおすすめなのが、温めたタオルを首にあててあげる方法です。
軽く水に濡らしたタオルをラップで包み、500wの電子レンジで1分ほど温めるだけでOK。
仕事に行く前や寝る前などに行うことで、首が温まりリラックス効果もありますよ。
お家で簡単にできるのでぜひ試してみてください。

オフィスの冷房が寒すぎると悩んでいる方は、専用のネックマフラーを社内で使用してみては?
オフィスアジュアルと合わせれば、夏でもオシャレに着こなすことができますよ。

また長時間同じ姿勢でパソコンなどをする方は、定期的に首回しや肩回しを行ってみてください。
血行がよくなり体がポカポカしてきますよ。

手のツボも知っておこう

体は寒くないのに手足の指先だけ冷たい、という方は手首を温めてみてください。
例えば、カーディガンや薄い羽織ものを持ち歩けば、冷房が効きすぎている電車などでも安心です。

また手のツボを知っておくこともおすすめ。
中指には心臓に関わるツボがありますので、優しく外側に反らしてみてください。
さらに爪の生え際の両脇を軽く10秒ほど押してみましょう。
「井穴(せいけつ)」と呼ばれるツボで、自律神経のバランスを整える効果があります。どこでも簡単に行うことができるので、ぜひ実践してみてくださいね!

足首まで隠れる靴下がおすすめ

「第二の心臓」とも呼ばれている足は、心臓から運ばれてきた血液をまた心臓に送り返すポンプのような役割をしています。
体が寒いと感じたら足首を温めてあげると、全身がポカポカとしてきますよ。
靴下を履くことで足首は簡単に温められるので、オフィスなどに常備しておくのもいいですね。

また足首の内側に「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボがあります。
くるぶしから指4本分ほど上のあたりにあるこのツボは、冷えだけでなく女性の悩みである生理痛やむくみなどにも効果があるそう。
靴下を履くときは、くるぶしまで隠れるようなものを選ぶのがおすすめです。

女性は男性に比べて冷えやすい体質のため、しっかりと対策が必要。
「3つの首」を温めることで、効率よく全身を温めることができますよ。
季節に関わらず「体を冷やさない意識」をもつことで健康で美しい体を保つことが出来るようになります。
少しの自分への一手間で美人生活してみましょう!