コロナ禍になって、婚活のスタイルも変わりつつあります。
リアルで行われていた出会いに変わって、今は、ひと昔前だと考えられなかったオンライン婚活(マッチングアプリ、婚活エージェント、オンラインの相談所など)での出会いが一気に主流となってきました。

オンラインでの出会いには3つの段階があります。
それは、この3つです。

1.マッチングするまで
2.マッチングした方とお会いするまで会いするまで
3.会ってからお付き合いをするまで

マッチングアプリでマッチングしたり、エージェントに紹介してもらったりしても、その先に進むには、自分からアクションを起こさないと何も始まりません。
婚活は自分で待っているだけでは何も起きないのです。

確実にお付き合いというフェーズに駒を進めるために、今回はネット婚活の基本三原則をお伝えします。

【ネット婚活の基本三原則】
①短期間に多く会うこと
②早めに自分の気持ちを伝えること
③相手の欠点を探さずに加点法でいいところを見つけること

この3つの事がしっかり出来ている人ほど、うまくお付き合いに発展する傾向があります。
それでは、詳しく見ていきましょう。

短期間でなるべく多く会うようにする

連絡先を交換したら、まず、1週間に2~3往復を目安にメッセージの交換を行いましょう。
その後、電話かLINE電話/ZOOMでの会話等、実際に声を聞くという事を実践してください。
勿論、決められるのであれば、早々に会ってみるということをおススメしています。
というのも、連絡してから実際に会うまでの間が空くほど、お互いの「熱」は自然と下がっていくものです。
もちろん、LINEなどのメッセージがとても得意だったり、あなたが誰からも羨ましがられるような方であったりすれば別ですが、そうでない限りは、連絡先の交換から長くても2週間、理想は1週間くらいのうちに会うことを心がけてください。


そして、初顔合わせの後、2回目は1週間以内に再び会うことが理想的です。
ちょっとでも「良いな」というポジティブなイメージがお互いにあるのであれば、早めに2回目に繋げて接触回数を増やすことで、お互いの中での親近感や信頼感を築いていけるのです。
そうはいっても自分にもお相手にも予定があったり、お相手のペースというのもあるとは思うので、相手の環境や気持ちを尊重してタイミングを計ることは何より大切にしてくださいね。
無理を押しつけてしまうと上手くいくはずだったものが残念な結果に終わってしまう可能性もあります。

ちなみに初めてのデートで、2回目も会いたいと思った場合、ぜひ、その場で次のデートに誘ってください。
会話の中で盛り上がった話題で、「次は私のおすすめのお店に行きましょう!」とか、「実は一緒に行ってみたい場所があって…」などその場で誘ってみましょう。
婚活は積極性が大切です。

自分の気持ちは早めに伝える

会ってみて、素敵な人だった場合、2回目、3回目とデートを重ねていくわけですが、特にあなたが女性である場合、早めに自分がお相手に「好意がある」ということを伝えていきましょう。
多くの男性は、自信や確信がない方が多く、自分がどう思われているかを凄く気にしているものです。
男性にリードしてほしいとおっしゃる女性をよく目にしますが、女性がちょっとした気遣いと工夫をし、男性に自信を与えることができれば、男性は安心して心を開き、告白してくれることが多いのです。

男性に好意を伝えるときには、遠回しでもいいので、数多く伝えていきましょう。
例えば、こんな言葉をかけるのがおすすめです。

「〇〇君といるとすごく落ち着く」
「毎回時間があっという間で楽しかった。もっと一緒にいたいな」
「〇〇君と一緒にいると時間を忘れちゃう、次は〇〇しようね」

といったところでしょうか。
このようにダイレクトでなくても男性に自信や確信を持たせる言葉で語りかけることで、男性も安心して次のステップに進むことができます。

ポイントは、リードしていないようにリードし、そして男性に期待しすぎないことです。
もし、お相手の男性が鈍感タイプで全く気付いてくれず、でもお互い気は合うのかも?と思うときは、思い切って「私たちって、今後どうする?」と聞いてみてくださいね。
心地よい関係を崩したくないかもしれませんが、婚活女子は無駄な時間を過ごすわけにはいきません!
好意は早めに素直に伝え、婚活女子の大切な時間を有効に使いましょう。

相手の欠点を探さない、加点方式を心がける

最後にご紹介する婚活基本三原則は、相手の欠点を探さず、いつでも加点方式で相手と向き合うということです。

人の悪いところをあら探しすることはとても簡単です。
そしてそれは、相手も同じことを考えています。
悪いところがない人間など正直いません。完璧な人を求める程、自分も完璧である必要があります。
そして、人の弱みや痛みを理解できない人は正直うまくいかない事が多いです。
人はだれしも、相手に期待しているところがあります。
それを捨て去ることで相手を許せたり、日常の中から、相手の良いところに気づけたりするものです。

実践として、やってみていただきたのが、会うたびに、相手のいいところを1つ見つけてみるということです。
そして、いいところを見つけたら、必ず記録に残すこと。
こうすることで、たとえ嫌なところを見つけたとしても、「彼にはこういういいところがあるのだから、そこを見てあげなきゃ!」と気づくことができるようになります。
そして是非、直接会った時には「〇〇さんってここがいいところですよね!」と直接伝えてあげてみてくださいね。

ネット婚活基本三原則、いかがでしたでしょうか。
ネットでの婚活は、長い付き合いでない分、相手のことを短期間で一気に知ることが必要です。
最初から恋愛対象、結婚対象としてお互い意識しているため、この基本三原則を守ることで、婚活がとんとん拍子に進むことが期待できるので、ぜひ婚活を成功させたい人は試してみてください。

なお、この三原則は、実は普段のコミュニケーションを円滑に進めるうえでも役立ちます。
ぜひ参考にしてくださいね。