コロナ禍で世の中は大きく変容し、感染者が増え続けている昨今、男女の出会い方は大きく変わってきています。
合コンや偶然の出会いは少なくなり、オンラインでの出会いが拡大しているのが実情です。
また、オンラインで知り合っても、緊急事態宣言などで簡単には会うことも難しい今、オンライン(LINEビデオ通話、ZOOM等の通話)でお話する機会も増えてきました。

もちろん出会いですので、リアルで会える事に越したことはないのですが、なかなかそれが叶わない場合、連絡が途絶えてしまうことも多いです。
また、男性の中には、LINEなどで文字を打つ作業が苦手な人も多く、さらっと電話(音声通話)した方が負担を感じない人も多いようです。

そこで今回は、会うことが難しい場合の「オンラインでデート」において、どうすれば自分を一番素敵に見せることができ、次のステップに進めるのか、まずは見た目で工夫できる部分を徹底解説していきたいと思います。

オンラインでも見た目に気を抜かない!お家でもしっかりメイクでいい女

オンラインの映像を出してお話をする場合、メイクやヘアセットは実は特に気を使ってほしいポイントです。
オンラインでのデートの場合、リアルのデートとは異なるメイクが必要です。
オンラインでは、細かいところは映らない利点があるものの、ポイントを押さえたメイクをしないと、せっかくのあなたの魅力も半減して伝わってしまうからです。

オンラインメイクのポイントは3つあります。順に見ていきましょう。

1.眉毛をしっかり描く
2.口紅は濃い赤(ピンク寄りで、ボルドー色はなるべく避ける)
3.ハイライトをしっかり入れる

1.眉毛をしっかり描く

眉毛は顔立ちをはっきりさせるとても重要なパーツです。
特に普段は眉をしっかり描かない方、すこし下がっている眉の方は改善しましょう。
少し濃いかな?と思うくらいでも大丈夫です。
パウダーとペンシルを使ってしっかり輪郭を描き、間をパウダーでぼかしていくのがおススメです。

2.口紅は濃い赤(ピンク寄りで、ボルドー色はなるべく避ける)

口紅は顔に華やかさを与える必須アイテムです。
色は、顔がぱっと明るくなるようなコーラルカラーがおススメです。
手元にない場合は、真っ赤(なるべく艶感のあるもの)でも代用可能です。
流行によってヌーディーな色であったり、ボールド色を好む人もいると思うのですが、オンラインでは、ぼやけたり不健康な印象に見えてしまうこともあります。
私も普段の生活ではあまり濃い色は使わないようにしているのですが、オンラインの時は必ず濃い赤を入れます。
まさに、印象を左右するアイテムです。

おすすめカラー

3.ハイライトをしっかり入れる

光によって輪郭をしっかり見せてくれるアイテムです。
勿論顔立ちにもよりますが、鼻筋と眉毛の下にハイライトを入れたり、顔をシャープに見せたい場合はシェーディングも使ったりするといいでしょう。
リアルデートで会うときよりもオンラインの場合は濃淡をはっきりさせたほうが、しっかり・ちゃんとしている感を出すことができます。

ハイライトをいれる箇所

また、ヘアセットも余念なく。
勿論普段から髪の毛のケアは必須ですが、オンラインでは、艶感やまとまり感があるほうが好印象です。
パーマや巻き髪ももちろんいいと思いますが、スタイリングの方法によってはぱさぱさ感を感じさせることもあるので、その場合は、オイルやクリーム系のスタイリング剤を用いてしっとり感が出せるように心がけましょう。

さて、ここまできっちりと感を出すメイクやヘアセットが重要とお伝えしてきましたが、もちろん、同じお相手と何度かオンラインで会話するとなった場合、程よいタイミングで、お家にいるモードの可愛い部屋着でお話するのも、なんだかおうちデートをしている感覚になるので、ギャップ活用におすすめです。

服装は明るい色を纏い、大きめのアクセサリーで顔周りを明るく!

服装は、基本的にはご自身に合っているものを纏っていただきたいのですが、選ぶお色味や服装によって二倍も三倍も顔を映えさせることができます。
一番のおすすめは「白」を着ることです。
白はハイライト効果もあり、レフ板の役割もしてくれるので、白を着るだけで印象がぐっと良くなります。
できれば、フリルや装飾があれば華やかさUPですね!

【白い服】


白い服がない、または苦手な場合は、パステルカラー等の薄めのお色でも良いでしょう。

また、女性はデコルテを見せたほうがすっきり見えるので、タートルネックの服や首の詰まった服よりは、デコルテ周りがすっきり見えるような形のトップスを選びましょう。

また、アクセサリーも華やかさを演出するおすすめアイテムです。
ネックレスよりはイヤリングがおススメで、写真のような、大きめのものをすると、それだけで印象アップにつながります。
イヤリングの他、スカーフをさっと羽織ったり纏ったりするのもおすすめです。(ただし自分の顔がくすむような色はNGなので、パーソナルカラーなどで確認してから取り入れられるようにしましょう)

【アクセ写真】

オンラインデートの環境も演出する!

オンラインデートでは、画面に映ったすべてのものに目が行きます。
もちろん、一番目が行くのは、容姿であることは間違いないのですが、他にもこんなものに目が行きます。
さて、それでは人は一体どんなところに目が行くのでしょうか?

部屋の雰囲気はシンプルに、意味のあるものは敢えて映す!

お互いに興味持っている男女にとって、どんなお部屋に住んでいるのか?というのはとても重要です。
「近い将来その家に遊びに行くかもしれない」と意識したり、その人はどんな人か判断するために大きな情報として認識します。

たとえば、楽器が趣味で、ギターの演奏をする人は、そのギターは敢えて見せておいたり、好きな画家さんのおしゃれな絵を飾って、アート好きをアピールしたりするのもいいでしょう。
会話のネタになるようなものを見せておくのは一つのテクニックだと思います。
逆に注意すべきなのは、ディープな趣味を彷彿とさせるものです。
もちろん事前に趣味を知っていたら別ですが、最初のうちは、控えめにしておくと良いとでしょう。

特に見せるものがない場合は、思い切って無地の壁の前や、シンプルな背景があるところがベストです。(日中、窓の前は逆光になるので注意)
シンプルな壁を見せているだけなのに、その人自体がすっきりと見え、印象がよくなる効果もあります。

人によっては、バーチャル背景にしてしまえばいいのでは?と疑問を抱く方もいるのですが、それだと、見せたくないものがあるのかな?と勘繰る人もいたり、自分に心を開いてくれないのかな、と思われる方もいたりするため、できれば自分の部屋を見せる事をおススメします。

オンラインデートで一番大事なのは、「お互いが楽しいこと」であり、お話が弾めば、お部屋や服装、メイクなど本当は何も気にならないと思います。
ただし、人は第一印象が9割とも言いますし、最初の4分で印象が決まるとも言われています。
最初の印象次第で、なんだかお話していても楽しいか、そうでないかは大きく変わる事もあり得るのです。ぜひ、少しでも成功の確率を上げるために、心がけてくださいね。