美容家の岩倉陽子です。
駅前やデパートなどでよく目にする「KALDI」。
店内には溢れんばかりの商品がずらりと並び、店頭ではコーヒーの試飲を元気よく行なっているのが印象的なお店です。

そんなKALDIには海外からの輸入食品が数多く揃えられており、新商品も続々と登場しています。
そこで今回は、KALDIの魅力とKALDIで買えるおすすめの美容フードをご紹介していきます!

KALDIの魅力とは

ワクワクする市場のような店内

1986年に下高井戸店を第一号店としてオープンしたKALDI。
「市場のような賑やかで活気溢れる店内」をコンセプトにしているお店です。
訪れたことのある方はわかると思いますが、まず驚くのはその品数の多さ。
棚や通路、ちょっとした隙間などお店の至るところに商品が並んでいます。


KALDIといえばヨーロッパやアジアなど世界各国からの輸入食材。
聞いたこともない名前の商品もたくさんあって、見ているだけでもワクワクしてきます。
スーパーフードや海外で売られている美容フードなど、KALDIでしか買うことのできない商品特にも注目。
欲しいものを探していたはずなのに、気がつくと全然違うコーナーにいるなんてことも。

輸入食材とこだわりのコーヒー

もともとはコーヒー豆の卸問屋であったこともあり、レジ前に並ぶコーヒー豆は常に30種類以上。
値段もお手頃なので、気になったものをどんどん試せるのも嬉しいですね。
コーヒーに含まれているポリフェノールには、美肌効果や血流促進効果も期待できます。
現在は休止中ですが、店頭ではコーヒーの試飲サービスも行われていました。
コーヒーを片手に店内をゆっくり見るのも楽しみ方のひとつですね。

日本のおいしさも

現在では全国に400店舗以上を展開しているKALDIでは、「もへじ」と呼ばれるプライベートブランド商品も販売しています。
日本の豊かな食材を活かし、日本人向けの味付けにこだわっているのも特徴。
鯖フレークや調味料など、和食に合う商品がたくさんあります。

和食中心の生活にすることで体にも嬉しい効果が。
一汁三菜を意識すると栄養バランスが良くなり、無駄な間食を防ぐことができますよ。
日本全国のおいしいものが揃い、さらに世界中の食材も楽しめるなんて、店内を見ているだけでも健康になれそうですね。

食べて美しくなろう!KALDIの美容フード5選

1.大豆ミートとひよこ豆のキーマカレー

お肉の代替品として注目されている大豆ミートと、タンパク質が豊富でヘルシーなひよこ豆を使ったカレーです。
香味野菜とスパイスが加わることで、お肉を使っていなくても満足感たっぷりの本格的な味が楽しめます。
1袋190kcalなのでごはんと合わせても1食500kcal以内に抑えることができ、ダイエット中の方にもおすすめです。

2.フェアトレードチョコレート ダーク80%

カカオ80%の板チョコレートは1枚185円と値段もお手頃です。
カカオには美肌効果や腸内環境を整える働きがありますよ。
高カカオチョコレートですが、苦味が少なく食べやすいのも特徴。
おやつや小腹が空いたときの間食にぴったりの美容フードです。

3.全粒粉クラッカー

外皮や胚芽も含まれる全粒粉は小麦の栄養を全て含んでいるため、食物繊維やビタミンが豊富。
GI値が低く血糖値が上がりにくいのでダイエット効果が期待できたり、腸内環境を整えてくれる効果も期待できます。
ワインのお供に全粒粉クラッカーを選んでみるのも良いですね。

4.健美酢 アサイーベリー酢

5年間自然発酵させた柿酢を使っています。
柿酢は農家などで昔から手作りされてきた果実酢のひとつ。柿酢にはカリウムが豊富に含まれていて、むくみ解消や血圧低下に効果があります。
ビタミンCやコラーゲンも合わせて摂ることができ、炭酸水と割って飲めば美容ジュースにもなりますね。

5.美容低糖質ナッツ

栄養が豊富でダイエット中のおやつにもぴったりのナッツ。
ヨーロッパの研究結果をもとに5種類のナッツがミックスされており、体のことを考えて作られている商品です。
小分けになっているので食べ過ぎも防ぐことができますよ。普段なかなか食べる機会のないクコの実やパンプキンシードも入っているので、飽きずに食べられますね。

オーガニックや健康・美容に特化した食品は日本のスーパーでも買うことができますが、品揃えや値段を考えると海外には劣ってしまう部分も。
KALDIでは海外のスーパーにいるような雰囲気も楽しむことができます。
外国で流行っている美容フードなども続々と登場しているので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。