乾燥が気になる冬の季節。
とくにひざの乾燥や黒ずみが気になり、足を出すのが恥ずかしいという方もいるのではないでしょうか?
厚着になる冬だからと言って油断は大敵!この時期だからこそ、しっかりとケアすることが大切です。

今回は、ヒザの黒ずみや乾燥対策におすすめの、自宅でできるホームケアをご紹介します。

ひざが乾燥しやすいのはなぜ?

ひざは角質がたまりやすく、乾燥によりカサカサになったり、黒ずみが起きやすい場所です。
その原因になるのは、日々の生活での摩擦や圧力。
もちろんひざだけでなく、ひじにも同じことが言えます。

家事や育児などで、ひざで立って作業をしたり、洋服との擦れや、間違ったホームケアでゴシゴシ洗っているなど、細かく見るとさまざまな要因が考えられます。

ふだんの生活でこのような摩擦や負荷がかかると、肌を保護しようとメラニン色素が過剰に生成され、色素沈着を起こしてしまいます。
これは、目のまわりのゴシゴシ掻いてしまうクセがある方に色素沈着によるクマができてしまうのと同じメカニズムです。

とくに、ひざは皮脂腺や汗腺がなくもともと乾燥しやすいため、ターンオーバーが正常に起きにくい場所。
そのため、古い角質がたまりやすく、メラニン色素が体外に排出されずに黒ずみとして定着してしまいやすいのです。

黒ずみやカサつきをケアするために、入浴の際にスクラブなどで頻繁にゴシゴシと擦ってしまう方もいますが、これはかえって逆効果になることも。
ターンオーバーを促すためには保湿ケアを同時に行うことが大切です。間違ったケアで、乾燥を悪化させないように気をつけましょう。

ひざの黒ずみ・乾燥におすすめのホームケアは?

ひざに角質がたまり分厚い層ができてしまっている場合には、それを除去する必要があります。
ですが、大事なのはやはり保湿。

角質の溜まっているひざにいくら保湿ケアをしても浸透しないと同時に、角質除去だけしても乾燥を悪化させて黒ずみの発生を繰り返してしまいます。

そのため、角質ケアと保湿ケアを同時に叶える方法が効果的です。


ピーリング剤などを使用したあとに、たっぷりと保湿するのでも良いですが、一度に行えて効果の高いおすすめケアは、重曹パックです。

どのようなものなのか詳しくご紹介します。

ひざの黒ずみ・乾燥におすすめの重曹パックとは?

重曹は100円ショップでも手に入る安価な材料ながら、身体に害を与えずに安心して使用できる万能アイテム。
料理に使ったり、お掃除や洗濯に使ったりと、さまざまなシーンで活躍しますが、お肌のケアにも活用できます。

重曹を使用すれば、やさしい使い心地で、スクラブのように角質を除去する効果を期待できます。
また、オイルと合わせることで、角質を落とすのと同時に保湿ケアも行えます。

週に一度の目安で、お風呂の前にケアするのがおすすめですよ。
ひざのケアだけでなく、乾燥や黒ずみの気になるひじや、ガサガサのかかとにも効果的です。

重曹オイルパックの作り方

1.容器に重曹大さじ1とオリーブオイル大さじ2を入れて、とろみがつくまでよく混ぜる。

2.ひざに塗布し、くるくると円を描くようにやさしくマッサージする。強くやりすぎると摩擦が起き逆効果なので注意。

3.そのまま5分ほど放置し、ボディソープでていねいに洗い流す。

4.洗い流した後は、さらに保湿クリームなどを塗り、たっぷりと潤いを与える。

年齢を重ねるにつれて気になるひざの黒ずみや乾燥。
透明感のない黒ずんだ状態や、ガサガサと乾燥し、人に見られるのが恥ずかしいという方も多いはず。
冬の乾燥や日常生活にでの摩擦によるこれらのトラブルは、定期的なホームケアで改善することができます。
コストもかからず自宅でたった数分でできる重曹とオリーブオイルを使ったホームケアで、黒ずみのないすべすべのひざを手に入れましょう。
ひじやかかとなど、気になる場所をまとめてケアできるのもうれしいですね。