会社員が多くの時間を過ごす自分のデスク。
皆さんは何を置いていますか?

今回は、美容系で働くOLたちのデスク周りにある美容グッズを調査しました。
皆が持っているアイテムから、個人的に気になったアイテムまでまとめたので、ぜひ日々の美女活の参考にしてください。

ハンドクリーム

まずは王道のハンドクリーム。
これは美に気を遣う人なら1年中デスクに置いてあるアイテム。
そして、香りを重視する人と、べたつかない使用感を重視する人に分かれていた印象です。

特に人気なのが、「aesop」のハンドクリーム。
植物由来成分にこだわった製品で、オーガニック志向のおしゃれOLに大人気。
自然から抽出された香りは、人工的な香水の香りが苦手な方にも受け入れられやすい香りです。

また、使い心地も軽く、肌に素早く馴染むのに長時間しっとり感が続きます。
香りも使用感も文句なしのアイテムです。

香り重視派に人気なのが「JILL STUART」のハンドクリームです。
植物オイル配合でしっとりとした仕上がり。
花や果実、紅茶の香りなどさまざまな種類がありますが、どれも心を掴まれる上品な香りです。
デスクに置いておくだけで気分が上がるパッケージもポイント。

べたつくのが嫌な人に人気なのが「アトリックス」のビューティーチャージです。
塗り込むと肌がしっとりするのにべたつかず、パソコン作業の合間にこまめに塗りなおしができるのが魅力。

価格もお手軽で、薬局で気軽に買えるのもうれしいですね。
無香料もあるので、香水の香りと混じるのが嫌な人や、周りに気を遣う人におすすめです。

オイル類

美の味方であるオイルは、用途別に持っている人が多かったアイテム。
こちらも香りのよいものが人気でした。

・ネイルオイル

「uka」のネイルオイルは、大人気のアイテム。商品名が特徴的で、時間になっています。

気分転換で使うなら、レモンとミントが主に香る「13:00」がおすすめです。
時間のイメージに合わせた香りは、他にも甘めのものから爽やかなものまでそろっています。
ロールオンタイプで塗りやすいのも魅力です。

・アロマオイル

「nahrin」の「ハーブオイル33+7」は、33種類の精油と7種類のハーブからできており、万能オイルとも呼ばれています。

頭痛・肩こりに効果的だとされ、SNSでも話題のオイルです。


PC作業から来る目の疲れが気になったときに、こめかみに塗るとミント系のすっきりとした香りとスース―感がリフレッシュさせてくれます。
今の時代はマスクに垂らしてもよさそうですね。

ツボ押し・カッサ

1日中パソコン作業をする方は、デスクにツボ押しやカッサなどのアイテムを置いて、気になったときに使うという人が多かったです。

こちらは個人的に気になっている「キカケア」という商品のシリーズ。
一見、デスクのインテリアかな?と思うおしゃれなツボ押しです。
疲れがたまったら首や肩、タイピングで疲れた手を刺激してリフレッシュ。

デスクにおいておけば、考え事をしているときやふと手が空いた時に気がるにマッサージできていいですね。
他にもパワーストーンやウッド製のものを使用している方もいました。

「ReFa」のカッサレイはコンパクトで、持ち運びにも便利。

フェイスラインだけでなく、凝り固まった首の筋肉や目元をほぐすのにもちょうどいいサイズです。
リファのカッサは見た目以上に軽く、手にフィットするのが魅力。
また、2つのローラー部分ではエステティシャンのようなつまみ流しを体験できるのだとか。

フレグランススプレー

ルームフレグランスやスプレーは、人が多いオフィスでは香りの好き嫌いがわかれてしまいます。
そのため、あまり香りが広がらないハンドクリームやオイルでリフレッシュする人が多かったのですが、その中でも人気だったフレグランススプレーがありました。

それがこちらの「おいせさん お清め塩スプレー」です。
ミネラルたっぷりの天日塩と、天然のオイルが入ったルールスプレーです。
なんとなく空気が重い時や気分が晴れないときに使うと、お清め効果を感じるのだとか。

また、フランキンセンスやローズマリーの香りがふんわりと香るので、来客前の会議室に振りかけて空気を浄化することもあるそうです。

おしゃれOLたちのデスク周りにある人気アイテムをご紹介しました。
気軽に気分をリフレッシュできる香り系のアイテムが多くありましたね。気になったものがあれば、ぜひチェックしてみてください。