腸育コンシェルジュのshihoです。
美人づくりに欠かせない、肌荒れしらずのクリアな素肌。

長引くマスク生活による肌トラブルや、紫外線ダメージによる肌荒れなど、この時期はさまざまな肌悩みが起こりがち。
エステやお家でのホームケアなど、外側からのスキンケアも大事ですが、内側からのケアも大切です。

体は食べたものが影響し、できあがるもの。
髪の毛や爪、肌なども、体に取り入れた栄養素が素直に影響し、良くも悪くも変化が現れるものです。

肌荒れしらずの透き通ったクリアな素肌を手に入れるためには、内側からケアする食生活を見直すのも大事なポイント。
美肌に効果絶大のスーパーフード、「ヘンプシードオイル」の魅力や効能を詳しくご紹介します。

美人フード「ヘンプシードオイル」とは?


「ヘンプシードオイル」は、ヘンプ(麻)の実から摂取できるオイルのこと。
健康維持や美容に効果絶大の万能オイルとして話題を呼んでいる、スーパーフードのひとつです。
食用としてはもちろん、ボディケアやヘアケアにも使える汎用性の高さも魅力。
ヘンプシードオイルは普通のオイルと何が違うのか、その栄養素を詳しくみていきましょう。

美人フード「ヘンプシードオイル」の高い栄養素とは?

「必須脂肪酸」が豊富

「ヘンプシードオイル」が美容と健康に大きな好影響をもたらす大きな理由は、必須脂肪酸と呼ばれる、オメガ3・オメガ6を豊富に含んでいるという点。

必須脂肪酸には、動脈硬化・高血圧・血栓の予防や、コレステロールの低下、アレルギー症状などの炎症を抑える働きがあり、美容・健康維持のためには欠かせない栄養素ですが、体の中で自然に作ることができない脂質です。

食品やサプリなど、外からの摂取が必要な、オメガ3のα-リノレン酸、オメガ6のリノール酸が理想的なバランスで豊富に含まれているのが「ヘンプシードオイル」の魅力です。

rリノレン酸で保湿・弾力アップ!

また、ほかの油には含まれていないrリノレン酸を多く含んでいるのも特徴です。
rリノレン酸は、数ある脂肪酸のなかでもとくに、肌の保湿力・弾力性の向上に効果的と言われています。
このrリノレン酸をしっかりと補給することで、肌荒れやニキビが起こりにくい、肌トラブルのない健やかな素肌へ導いてくれます。

高い抗酸化作用でアンチエイジング効果も

「ヘンプシードオイル」は、強力な抗酸化作用があるのも特徴のひとつ。
体の酸化を防ぐため、アンチエイジングに効果的です。
このほかにも、「ヘンプシードオイル」には、マグネシウムや亜鉛、鉄、ミネラルなどの、豊富な栄養素が含まれています。
まさに、健康維持にはもちろん、美肌づくりのためにも、うれしい働きをしてくれる美人フードです。

美人フード「ヘンプシードオイル」の取り入れ方は?

「ヘンプシードオイル」は、熱に弱く、40度以上の加熱により、栄養成分が破壊されてしまうので、加熱をせずにそのまま摂取するのがポイントです。
スプーンに取り出しそのまま飲んだり、サラダやスープ、パスタの上にかけて食べるのもおすすめ。

食べて体の内側から摂取するのはもちろん、フェイスオイルやヘアオイル、マッサージオイルとしての活用もできますよ。

美肌づくりに効果絶大の美人フード「ヘンプシードオイル」。
いつもの食事にプラスしたり、フェイスケア・ヘアケアなどの外からのケアにも使用できる万能オイルです。
赤ちゃんの肌にも使用できるほど、刺激のすくない肌にやさしいオイルなので、妊娠中や授乳中なども安心して摂取することができますよ。

美人フード「ヘンプシードオイル」を取り入れて、肌トラブルに負けない、健やかで美しい肌を手に入れましょう。