10月になり秋の食材がおいしい季節がやってきました。
中でも今まさに旬を迎えているのがサツマイモ。
小さいころは芋掘りも、秋の一大行事でしたね。
そんなサツマイモ、実はとっても美容効果があることをご存じでしたでしょうか。

サツマイモの魅力あふれる美容効果から美味しい食べ方までご紹介。
美容も健康もまずは内側から。
旬な食べ物を食べて美味しく、美しいを目指しましょう。

サツマイモの美容効果①美肌づくり

サツマイモには美肌の代表栄養素とされているビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。特にサツマイモのビタミンE含有量は野菜類のなかでもトップクラスといわれています。

それぞれの効果として、ビタミンCにはシミ、そばかすの生成を抑制する効果があります。他にもフェイスラインのキープにもつながるコラーゲンの生成に必要な成分として大きく美肌に貢献してくれます。

ビタミンEには高い抗酸化作用と保湿効果があります。老化の原因ともされている活性酸素の発生を抑制し、老化を遅らせ、みずみずしい肌を維持する作用や、紫外線によるダメージから肌を守ってくれます。

さらに、ビタミンCとビタミンEは一緒に摂ることで抗酸化作用も高まり、コラーゲンを生成する力も高まります。そのため、アンチエイジングにも効果が見込めます。

サツマイモの美容効果②腸活

サツマイモは白米に比べて、約10倍の食物繊維が含まれていると言われています。
焼き芋1本で一日に必要な食物繊維摂取量の約半分が摂取できるのです。


また、サツマイモを切ったときに断面ににじみ出るヤラピンという成分はサツマイモ独特の成分で、胃の粘膜を保護したり、排便をスムーズにするといった効果があります。
この食物繊維とヤラピンの整腸作用により便秘の改善はもちろん、余分な毒素を排出することにより、デトックス効果も期待されます。
そのため、痩せやすい体になったり、ニキビなど肌トラブルにも効果があると言われています。

サツマイモの美容効果③むくみ予防

サツマイモには白米の約18倍のカリウムが含まれていると言われています。
このカリウムは体内の余分なナトリウムを体外に排泄してくれる助けをしてくれるため、むくみの対策につながります。

サツマイモの美容効果④ダイエット効果

サツマイモに含まれるビタミンB群には糖質の代謝を促す作用があります。
また、摂取した糖質を体脂肪として蓄積される前に脂質を排出するといった効果があります。
そのため、肥満の予防に効果があるとされています。

加熱によって効果が高まる?!サツマイモの効果的な食べ方

サツマイモといえば焼き芋。
この焼き芋美味しいだけでなく、美容にとっても効果的な調理方法だったのをご存じでしたでしょうか。

サツマイモにはたくさんのでんぷんが含まれているため、加熱すると消化酵素では消化しきれなかったレジンスタントスターチという、食物繊維によく似た成分が生成されます。
このレジンスタントスターチは焼き芋や蒸し芋にすると生芋と比べて約30%増えると言われているのです。

また、美肌に効果があるとされているビタミンCは熱に弱いため調理方法が難しいと言われているのですが、サツマイモの場合、多くのでんぷんによりビタミンCが破壊されないよう守られるため、加熱をしても効果が失われにくいとされています。

旬のさつまいもを使った簡単レシピ

さつまいもとレンコンのデパ地下風

サツマイモとれんこんに片栗粉をまぶして、醤油・砂糖・酢を2:2:1で痛めた一品。
簡単に旬の食材を美味しくお洒落にいただけるメニュー。
サツマイモはあえて皮つきのまま食べると栄養価も高く、彩りもきれいなのでおすすめ。
最後の仕上げにごまも忘れずに。

いかがでしたでしょうか。

サツマイモといえば食物繊維というのは多くの方に知られていたかもしれませんが、それだけではなく、美肌へ導いてくれるビタミンCやビタミンE,ほかにもダイエットやむくみにも効果があるというのは驚きもあったのではないでしょうか。

ご紹介したレシピ以外にも定番の焼き芋をはじめとして、まだまだたくさんのアレンジができるサツマイモ。
旬の食材というものはその時期が一番栄養価も高く、美味しく食べることができると言われています。
この時期だからこその食材を食べて、美容も食欲もしっかり満たしていけるといいですね。