世界中のセレブの間で人気となり、最近では日本にも身近となってきたCBDオイル。
さまざな身体的、精神的な不調に効果があり、美容にも効果的とされています。
今回は、そのCBDの特徴や効果、おすすめの使用方法などを紹介します。

CBDとは?

CBDとは、大麻草から取れる天然有効成分の一種で、カンナビジオール(Cannabidiol)の略。
神経の緊張を和らげ、血管の循環をよくする作用があるとされています。

そのため、ストレス、緊張、不眠、イライラ、不安などのさまざまな心と身体の不調や、生理痛・PMSなどの女性特有の不調の改善緩和に効果が期待できます。

マリファナとは違うの?

CBDというと、違法とされるマリファナをイメージして敬遠する方もいるかもしれませんが、大麻とは異なりCBDは日本でも合法と認められています。
もともとは医療分野で注目されていた成分で、副作用の心配もありません。

対するマリファナの主成分は、THC (テトラヒドロカンナビノル/Tetrahydrocannabinol)という成分で、これがハイになる、精神を興奮状態にさせる要因となります。
CBDにはこのTHCとは異なり、このような精神作用や中毒性はなく、運動機能や心理機能を損なう心配もありません。

ただし、CBDやCBDオイルも全てがそのように安全なものと言い切れないのも事実。
品選びには注意が必要です。


日本製のものや、産業用ヘンプから生成されたCBD、CBDオイルには、ハイになるTHCはほとんど、又は一切含まれていないとされています。
ですが、マリファナ由来のCBDオイルにはTHCが含まれている可能性があるため注意しましょう。
もちろん、THCが含まれているものであれば、興奮した精神状態になる可能性があります。

海外ではマリファナが合法の国もあるため、そのような国でつくられたCBD.CBDオイルは、気をつけて選びましょう。
CBD製品を購入する際には、必ずTHCフリーかどうか確認が必要です。
より安全で高品質のものを選ぶのであれば、やはり日本製が安心ですね。

美容効果も高いCBD

CBDはさまざまな心身のケアに役立つだけでなく、美容にも嬉しい効果があるため、美容家、美容業界からも注目を集めている成分です。

ミネラル、ビタミン、必須脂肪酸を豊富に含むCBD。
その美容効果としては、皮膚の健康を健やかに保つ効果、抗炎症作用、抗酸化作用などの効果が期待できます。
お肌の保湿としてCBDオイルを使用するのはもちろん、肌荒れやかゆみにも効果的です。

CBDオイルの使い方は?

CBDオイルの使い方は、おもに3種類。
より吸収が早く効果が実感できる舌下摂取、飲み込むことで摂取する経口摂取、肌に塗る経皮吸収があります。
それぞれの使用方法を詳しく見てみましょう。

舌下摂取

30分~1時間以内で効果を感じられる、もっとも即効性にすぐれた方法。

舌の下にCBDオイルを垂らし、約1分間ほどキープしてから飲み込みます。
飲み込む際には、水と一緒に飲んでもOK。
口腔の毛細血管から直接血流に取り込むことができ、すぐに吸収できます。持続時間は2~4時間ほど。

経口摂取

CBDオイルを口から飲みこんで消化する経口摂取。
効果が出るまで約1時間ほどかかりますが、
肝臓で代謝されるため、効果は4~6時間と、低濃度で長時間の効果が持続するのがメリット。
脂質の多い食事と摂ることで、さらに吸収率が上がります。

経皮吸収

経皮吸収は肌に直接塗ることで吸収する接種方法。
経皮吸収効果を感じるまでに1~2時間かかり、効果は4~6時間持続します。
初心者でも取り入れやすい手軽な方法です。

美容や健康、メンタルケアに効果的なCBDオイル。
リラックスしたいとき、体の不調を整えたい時にはもちろん、就寝前に摂取することで、美容にかかせない良質な睡眠もサポートしてくれます。
目的やライフスタイルに合わせて、自分にぴったりのCBDオイルを見つけてみましょう。