婚活をしていると「お相手の条件が良いにこしたことはない」と考えはじめ、どんどん理想が膨れ上がっていくことがよくあります。
顔・年収・身長・育ち等が良い男性を嫌いな女性はいません。

そのような男性を世間では「ハイスペ男性」と呼ぶのですが、そのハイスペ男性に出会い、多くのライバルを出し抜き、出会いをモノにして結婚に成功している女性は確かにいるのです。

そんな女性達にはどんな特徴があるのでしょうか?
それを知るには、ハイスペ男性たちがどんな女性を求めているのかを把握することが必要です。

以前、「今日から出来る!婚活に欠かせない自分磨き」に、話題の豊富さやマナー等を上げて書きましたが、今回は選ばれる女性の特徴と努力すべき方向性をご紹介していきます。

愛嬌があり、気性が安定していて寛容、かまってちゃんになりすぎない女性

最初に、ハイスぺ男性が好む女性は、ずばり「自分で自分の機嫌が取れ、男性の前ではいつもニコニコしていて、元気をもらえたり、癒しをもらえたりする女性」です。

常にネガティブで、心配になり束縛をする女性を好むハイスペ男性はいません。

自分の悩みは自分で解決出来る女性


ハイスペ男性は忙しい方が多く、四六時中あなたに寄り添い、話を聞く時間を持つことが難しい事が多いでしょう。
ですので、まずはあなたには自分の悩みは自分で解決できることが求められます。

もちろん、迷惑をかけてはいけないというわけではなくて、普段からネガティブでいる女性のことを常にかまっている暇はないというだけなので、本当に悩んだときに頼ってはいけないということではありません。

人は悩みや弱みを打ち明けられると、互いの距離もぐっと近くなるので、弱みを見せたり弱っている姿を見せたりすることは、悪いことではないのです。

焼きもちをやきすぎない自己肯定感のある女性

さて、ハイスペ男性は仕事上お付き合いが多く、会食などで女性のいる席にいくことも多いと思います。
そこで女癖が悪い男性は論外なのですが、毎回焼きもちを焼いて喧嘩になってしまうと、あなたも男性も疲れてしまうでしょう。

普段から、「○○君の事は信用しているけれど、たまには私の事も思いだしてね!」とさりげなく伝えておきましょう。
そして自分は愛されている!という自信を持てるように自己肯定感を人一倍、趣味・友達・仕事などで養っておけると良いでしょう。

相手を立てるのがうまいが、自分の軸があり意見が言える女性

「相手より知らないふりをすること」ができる女性

これはハイスペ男性に限らずですが、まずは相手の話をよく聞き、共感できる女性は、当たり前に好まれます。
前回も書きましたが、男性が好きそうな話題について、一通りの知識を付けておくのが理想です。

またハイスペ男性は褒められ慣れている方が多いので、褒めることに加えて、男性を立ててあげることが非常に重要です。

押さえるべきポイントは、「相手より知らないふりをすること」です。

自分の知識をひけらかす女性は恋愛のシーンでなくても嫌がられますが、知らないことばかりが良いということでもありませんのでこのポイントに注意しましょう。

話を否定せずに聞き、自分の意見もきちんと言える女性

また、ハイスペ男性は自分の軸がある女性を好みます。
外見や性格はふわっとしていてもいいのです。
ですが、ここぞという時にしっかりしていて、自分の考えの軸を持っている女性を好むことが多いです。

頑固すぎるのは問題ですが、どんな時にも相手を立てることができ、話は否定せずに聞き、それでいて自分の意見を言えるのが理想といえるでしょう。

自分が夢中になっていることや、頑張っている姿を見せられる女性

最後に、ハイスペ男性が魅力的だと思う女性として、何かに一生懸命であることが必須条件としてあげられます。
大前提として日々を惰性でつまらなくそしてなんとなく生きている人に魅力を感じる人はいません。

夢中になる「何か」は仕事でも趣味でもよいのです


何かに一生懸命楽しく取り組む姿は、男性のみならず女性からも好感を得られるものです。「そんな夢中になれるものなんて簡単に見つかるわけがない!」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう方にはまずは目の前のお仕事を一生懸命頑張ってみましょう。
必ず何かが変わります。

また、趣味を見つけることは実は難しいので、普段やっていることを極める。
例えば、動画サービスで動画をみることが好きな人であればひたすらレビューを書いてみたり、ご飯食べるのが好きな人は、外食で食べたものを家で再現してみるなど、身近なことからはじめてみるのはいかがでしょうか。

選ばれる女性の特徴は自分のマインドセットさえ変えればどれもできること

【ハイスペ婚活】ハイスペ男性から選ばれる女性とは?その特徴と努力の方向性、いかがでしたでしょうか。

一番覚えておいていただきたいことは、「ハイスペ男性は自身のコンプレックスをハイスペ男性で埋めようとする女性を選ぶことはない」ということです。

ハイスペ男性は女性から頼られるのは嫌いではないですが、おんぶにだっこと寄りかかられることは好みません。
精神的にも経済的にも自立している方を好む方が多いことを踏まえ、まずは目の前のできることから一歩ずつ踏み出してみましょう!

誰もが選ばれる素質があるのですから、自分が満足するハイスペ男性とのご縁を望むのであれば、ぜひ今日から自分の考え方や行動を変えてみましょう!