コロナ禍で、男女の出会い方やデートの仕方も大きく変わる中、徐々に増えているのが、LINEビデオ通話、ZOOM等の通話を使った「オンラインデート」です。
もちろんリアルで会える事に越したことはありませんが、それが難しい環境においては、オンラインしか方法ないでしょうし、会えないことを言い訳にして、何もしないのでは結果に天と地の差があります。

また、まずはオンラインで会話している中で、お互いの相性を確認したり、雰囲気を事前につかんだりしてからリアルで会うことができれば、実際に会ってみた時、印象があまりに違ってがっかり、ということは少なくなり、効率化にも繋がります。

では、オンラインでのデートにおいて、どうすれば自分を一番素敵に見せることができ、次に進めるのか。
外見的なことに関しては「【ハイスペ婚活】オンラインデート必勝法、オンラインデートならではのメイクや自分を魅せる演出法」の記事で解説しているのですが、今回は「オンラインデートをする上で外見以外に心がけてほしいこと」をお伝えします。

自己開示と相手への興味はマスト条件!

オンラインデートでは、自分の魅せ方がうまければうまいほど、好感度が上がり、その次に進むことができます。
好感度が高い方で共通するのがこういった点。

  • 自己開示が適度にできる
  • 相手に興味を持ち、質問する
  • 共感をする

自己開示

自己開示は誰でも最初はうまくできなくて当たり前です。
自己開示に慣れていない人は、まずは自分の趣味やお仕事等から話しはじめましょう。
自己開示というと過去の恋愛やトラウマなどを話さないといけないのか…と思う方もいらっしゃいますが、それは、仲が深まっていってからで問題ありません。

会話量としては、男性:女性=3:7で話すのを心がけると、不思議と5:5で平等に話せている感覚になります。
女性は自分から話す方が苦痛というタイプでない限りは、このくらいのバランスで話すと、ちょうどいいと思うので、参考にしてみてください。

相手に興味を持ち、質問する

自分の事を話すのがとても苦手、とおっしゃる方も多いのですが、相手に自分の事を言わずに質問をすると、非常に唐突で、就活のような面談になりがちです。
相手に何か質問するときは、「私は、休日は●●をして過ごすのですが、××さんはどう過ごされていますか?」などど、まずは自分の事を話しながら相手に聞いてみましょう。

共感をする

共感の姿勢はオンラインでもリアルでも、会話をする上ではとても重要になりますが、オンラインでは特に身振り手振り、頷きを多めにすることが非常に大事です。
ただでさえ、オンラインでは動きが小さく見え、反応が乏しく見えることが多いので、そうなると、相手は自分の話を聞いてくれているのか不安になるものです。
ちなみに、「へ~」という反応は時には適当な人と思われてしまうこともあるので、気をつけましょう。

オンラインの弱点を知っておく

またオンラインでは、普段リアルではわかるような「間」だったり、「余韻」といったものが感じにくいという特有の弱点があります。
また、オンラインでの沈黙は非常に気まずくなることが多いです。
きっと、リアルだったら、お店にBGMがかかっていたり、周りの方の会話が聞こえてきたりするのが、オンラインだと周りに誰もいないので本当の沈黙に。
また、会話のタイミングがかぶってしまったりすると、聞き取りづらいなどの弱点があることを事前に知っておきましょう。
知っておくだけでもだいぶ楽に鳴ります。

オンラインデートの時は、胸から上を映すように


人は見える範囲が多い方が親近感も沸きやすいので、横向きで、胸から上を映すと、親近感が持たれやすい傾向があります。

【オンライン横型写真】

オンラインデートは笑顔ができればすべてよし!

実は、ここだけの話、オンラインデートは話す内容ではなく、楽しかったかどうかの方が大事です。
婚活におけるパートナーとは時には、仕事の悩みやお互い抱えていることを打ち明けて真剣に議論を戦わせることも重要ですが、この先生活の時間のほとんどの時間を過す相手。
ましてはほっとしたいときに一緒にいたい相手なのですから、共にいて落ちつくような会話ができればいいと思います。

ですから、初期のオンラインデートにおいては特に、会話の内容は重要ではありません。それより大事なのが、安心感や楽しかったかどうか、というポジティブな感想が持てるかどうかだと思います。

お相手にとってポジティブな感想につなげるためには、笑顔でいたか、安心感を与ることができたかという事を重要視しましょう。
穏やかなコミュニケーションにおいて笑顔は欠かせません。
頷くときは常に口角を上げ、歯を見せて笑いましょう!

意外と盲点!?通信環境と照明は最重要

最後にご紹介するのは、意外と盲点に感じる、通信環境や照明等についてです。
まず、通信環境ですが、オンラインではリアルで感じられる空気感が分かりづらいので、音声をはじめ映像が乱れてコミュニケーションがスムーズに行かないことは致命傷になるのです。

リアルでのデートではスムーズにいくものが、音声一つでぎこちなく感じたり、時には苛立ちに繋がったりします。
通信環境が不安な人は、オンラインデートをする前に必ずお友達との予行練習をしておきましょう。

また、オンラインデートする上で、照明も重要な魅力アップのポイントです。
お家の照明が間接照明の方は特に暗く映ってしまうことが多く、その人が明るい方でも、3割減で暗い印象に映ってしまいます。
また、女性の方に多いのが、オンラインだと、くぼんでいる部分(目の下のクマ等)がより濃く出てしまい、老けて見えることも多くなります。そんなときに是非使ってほしいのが、インスタグラマーやライバーの方が使う「リングライト」です。
リングライトを使うと、お顔に艶感が出て、ぐっと色っぽく映ります。
また、瞳にリングライトが映ることもあり、非常に明るい印象を与えられます。
オンラインショップで安いものなら2,000円程度で買えますのでぜひ試しに使ってみてください。

【照明あり】

【照明なし】

リアルでのデートとオンラインデートの基本的なコミュニケーションの取り方はそんなに大きく変わらないとは思います。
ですが、オンラインデートだからこそ気を付けるべきポイントが意外と沢山あるのです。そして、これらはできていそうでできていない方が多いため、できる方は大幅に印象アップが望めます!


オンラインデートをうまく活用して、二人の仲を深める良いきっかけにしていきましょう。
リアルで会えないから、と婚活を諦めていては、このコロナ禍で先が見えない時代を毎日無駄に過ごすことになります。
それでも、みんな同じ条件であるならば、色々な手段を駆使して、接触回数を増やすことが大事です。
いざ、会えるという状況になったときに「やっと、会えたね♡」とお互いが会うのを待ち遠しくなるように、オンラインデートを駆使して、リアルのデートにつなげてくださいね。