話題の糖質制限ダイエット。
ダイエットの大敵はスイーツや炭水化物などの糖質です。
その糖質を制限する糖質制限ダイエットは、数あるダイエット法の中でも効果が出やすく、食事量自体を制限するわけではないので、無理なく継続しやすいダイエットといわれています。

とはいえ、食材の成分などが分からないという方は、いつもの食事がどれくらいの糖質で、どのくらい糖質をカットしたら良いのかということも、よく分からない、難しい場合も多いはず。

そんな方には、糖質制限をした食事をサポートしてくれる便利なサービスを活用するのもおすすめです。

この記事では、糖質制限ダイエットについて、糖質制限ダイエットのためのおすすめサービスを詳しくご紹介していきます。

糖質制限ダイエットとは?

そもそも糖質とは、炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素の中の、炭水化物の一部です。

炭水化物には、糖質と食物繊維の2つに分けることができ、このうちの糖質は、人の身体へ消化吸収されます。

糖質は、生きていくうえで必要なエネルギー源となっている重要な栄養素ですが、糖質の取りすぎは、血糖値を上昇させ、脂肪へと変換されてしまいます。
この糖質の摂取量を制限するのが糖質制限ダイエットです。


糖質というと、砂糖を連想し、甘いものを我慢するのかな?とイメージする方もいるかもしれませんが、糖質はスイーツなどの甘いものだけではありません。
甘い糖質であるブドウ糖、果糖、砂糖以外にも、米、パンやパスタなどの小麦製品、いもなどの主成分であるデンプンも糖質です。

小腸で糖質が吸収されると、血糖値が上昇します。
それと同時に、血液中の糖質を細胞に取り込むように指示を出すホルモンであるインスリンが分泌され、糖質が多ければ多いほど、血糖値が高く上昇し、インスリンの分泌も多くなります。

インスリンにより、血液中の糖質が細胞に取り込まれ、活動エネルギーを得るために体内で消費されます。
ですが、糖質を過剰摂取している場合は、余った糖質は脂肪細胞に取り込まれ、脂肪として体に定着してしまいます。

逆に、糖質を制限することで、インスリンの分泌を抑え、脂肪がつきにくく、ダイエット効果を得ることができるのです。

 

糖質制限中の食事の糖質量は?

糖質制限ダイエット中の食事は、一食あたりの糖質量を30g前後に抑えることが推奨されています。
つまり、1日に約90g前後の糖質に制限するということです。
逆に、極端にゼロに近くするのではなく、このくらいのある程度の糖質は摂取した方が良いとされています。

とはいえ、使う食材や、調味料、その量によって糖質は大きく異なるため、糖質の計算を的確に行うのはなかなか難しいですよね。

そんなときにおすすめなのが、一流シェフと管理栄養士がメニューを開発し、ダイエット中の食事をサポートしてくれる「ナッシュ」というサービスです。

「ナッシュ」とは?

「ナッシュ」は、ダイエット中でも自宅で「健康的で美味しい食事」摂ることができる食事の宅配サービスです。
一流シェフと管理栄養士がメニューを開発し、1食あたりの糖質量を30g以下に設定。
さらに、塩分も2.5g以下に設定しているため、塩分管理も同時に行えます。

新鮮で美味しい状態で冷凍されているので、食べたいときにレンジで温めるだけでOK。
買い出しや調理の必要がないので、面倒なダイエット中の食事管理も手軽に行えます。

和・洋・中の60種類以上のメニューがあるので、飽きずに続けられるのも大きなポイント。
毎週2品、新メニューも登場するので、食事がマンネリ化することなく、美味しく糖質制限を続けることができます。

スイーツやパン、お米、芋類などの糖質の摂取量を制限する糖質制限ダイエット。
1日あたりの糖質の推奨摂取量に抑えた食事を手軽に食べられる、ダイエットサポート食「ナッシュ」を活用して、うっかり太ってしまいがちな冬の季節もスマートに乗り越えましょう。
楽して綺麗に、美しい身体をキープしていきましょう。