美容家の岩倉陽子です。お菓子の中でも人気の高いチョコレート。
口に入れるととろけて美味しいですよね。

甘くて太りそうなイメージのチョコレートですが、最近では健康や美容に嬉しい効果が期待できると注目されています。
そこで今回は、チョコレートの魅力とその効果についてまとめました。

おすすめは高カカオのチョコレート

チョコレートがどのように作られているのか知っています?
原料になっているのは、ガーナやペルーなどの高温多湿な地域で栽培されている「カカオ豆」。
このカカオ豆にバターや砂糖、ミルクなどの甘さを足していったものがチョコレートです。
実はこのカカオ豆自体には甘さがありません。
そのため、甘さを足すことで食べやすくしているのです。


「カカオ豆」にはポリフェノールをはじめ、食物繊維やミネラルなど体に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。
最近よく売られている「高カカオチョコレート」とは、このカカオ豆の含有率が70%以上のチョコレートのことをいいます。
カカオ含有率が高くなるほど苦味と酸味は強くなりますが、普通のチョコレートより低糖質なのでダイエット中でもおすすめ出来るチョコレートです。

カカオに含まれる「カカオポリフェノール」の効果

カカオに含まれる栄養素のひとつに「カカオポリフェノール」というものがあります。このカカオポリフェノールにはどんな効果があるのかみていきましょう。

①しなやかな血管に

カカオポリフェノールには血管を広げてくれる作用があるため、血液の流れが良くなります。
チョコレートを食べた後の方が血液がさらさらになった、との研究結果も報告されているそうです。
また「LDL」と呼ばれる悪玉コレステロールの酸化を防いでくれる効果も。
この働きによって、動脈硬化予防や血圧を下げる効果が期待できます。

②美肌づくりにも効果あり

シミやそばかすなどの肌老化を防ぐ「抗酸化作用」の働きをしてくれるのもカカオポリフェノールの特徴。
肌トラブルの原因である「活性酸素」を除去してくれるため、美肌効果やアンチエイジングにも効果があるとされています。

③脳の活性化やリラックス効果に

私たちの脳には「BDNF」と呼ばれるタンパク質があり、脳の活動を支える大事な役割を果たしてくれています。
このBDNFは脳内の「海馬」という場所に多く含まれていて、学習や記憶などの認知機能を高める効果があるのですが、カカオポリフェノールを摂取することでこのBDNFが増えるとの研究結果が出ています。

また幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」をつくる働きもあり、緊張がほぐれたりリラックスできる効果も。
勉強などで疲れたときは一休みがてらチョコレートを食べると、脳が活性化されリラックスもできるのでオススメですよ。

おすすめだけどカロリーは高め!食べ過ぎには注意しよう

健康や美容に嬉しい効果のあるチョコレートですが、もちろん食べ過ぎはNG。
とくにカカオの含有量が多い高カカオチョコレートは、脂質やカロリーも高めであることを忘れてはいけません。

またカカオポリフェノールは体内にとどめておけないので、一度にたくさん摂取するのではなく毎日少しずつ摂取するのがポイントです。
1日100〜150kcal、量にすると20〜30g程度を食べるのがオススメ。
これは一口サイズのチョコレートであれば3枚ほど。
おやつや仕事の休憩に食べる場合は適量を意識して召し上がりましょう。

カカオ豆から作られているチョコレートには、体に良い栄養素がたくさん含まれています。
脳をたくさん使って疲れたときにはチョコレート休憩することで、もうひと頑張り。

そんな美容にも嬉しい効果がある高カカオチョコレートは、スーパーなどでも種類豊富に売られています。
ぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか。